スポンサーサイト

--/--/-- - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) edit

わたしの大好きな

2014/01/26 - かんそうぶん
カレー沢先生の「負ける技術」が書籍化したので買いましたー。いやー分厚い!

負ける技術負ける技術
(2014/01/17)
カレー沢 薫

商品詳細を見る


帯にある文句は「リア充を憎み、担当編集者を憎み、過去の自分も処刑する」「呪詛と後悔に充ち満ちたエッセイ140本!」だそうで。そして本当にその通りの内容なのにわりとスカッとした気持ちで読める爆笑コラムです。
もー大好き。うすぼんやりとした残念な内容に共感(とダメージ)をもらったかと思えば、予想の斜め上をゆくレベル高え負けエピソードも満載で超エンターテイメント。なによりも日本語のセンスが半端じゃない。リア充が爆発する話とか大好きだよ…いやもう全部好きだけど。
アマゾンで頼んで、段ボールをビリリと開けたら、まさかの装丁が「ブルーシート&段ボール&ツギハギの汚い布」というぼろぼろすぎるデザインでありました。一瞬わたしの段ボールの開け方が不完全で本に絡み付いたのかと思った。
新品の本なので手触りはスベスベで間違いなく状態がいいはずなのに、すでにボロッボロな気がしてなりません。これから多少汚れても気づかないのではなかろうか。なんという完成度の高さ。プロが仕事でやった本気の遊び心を見ました。
ツイッターでカレー沢先生のファンの方々が、本の内容ではなく、本の臭いの話で盛り上がっていたこととか、もう完敗でありました。確かに嗅ぎたくなるけどさ! そしてなんかほんとにインクの香りが濃いな!

カレー沢さんが好きなのは、とんでもなくエッジが利いたことズバズバ書いてるのに、言葉のすみずみに配慮があるからかなーと思います。安心してみれるベテラン毒舌芸人のような安定感。
しっかりした人なのだろうと想像すると同時に、結婚して仕事もして漫画家としてもうまくいっていて複数の出版社とやり取りをしているのに、こうまで負け感が現在進行形なのは本当に天性だなとも思います。ちゃんとしてる人感とダメ人間感の両立がすげえ。なんでこんなに下から目線を保てるんだ…
大好きです。
comment (0) edit
むむう | 詰まった!(文章)

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。