スポンサーサイト

--/--/-- - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) edit

大晦日かー…

2015/12/31 - Diary
ちょうど1年前に、
>「2014年は辛かった…。なにもない一年でした。いやーん。」
という見出しから始まる記事を書きましたが、
今年も同じことを書かねばならないかな…という感じで、進歩がないです(笑)

大人こええ。一瞬で1年が終わるぜー。ひゅー。
まあ、日頃の行動を振り返れば当たり前のことかもしれないです。
仕事に生きがいを見出せるタイプではない会社員で、まあ基本的に「会社爆発しろ」って思いながら生きていて、つまりは毎日一日中「仕事終われー」って思いながら生きています。
1日が早く終わることを願いまくっているのなら。そりゃあ、その積み重ねで1年など終わる。
うおー。美しくない。うごう。

「何もない一年だった…」と、ここ数年は手癖のように考えてしまいます。
ですが、考えるまでもなく、何もなかったわけは絶対にないのですよね。
意識して振り返れば、超楽しかった思い出がたくさんあります。
一年の始まりしょっぱなから、大好きな幾原監督の新作にキャッキャして毎週月曜日に夜更かししたりとか。
マジクさん無双のオーフェンの外伝が出たりとか。
リセちゃんと念願の合同誌を100ページ超えで作り上げたりとか。
銀英伝の再アニメ化が決定したり、わたしの大好きなフジリュー先生がコミカライズを始めたり。
お話関連だけじゃなく、念願のヨーロッパ旅行いったりとか、国内の海とか温泉とかエンジョイしちゃったりとか、大好きな友人の大切な記念日に何度か立ち会わせてもらってご祝儀貧乏になったりとか、人間関係に悩んだりとか憤ったりとか感謝したりとか、テレビに向かってひたすら「羽生くん尊い…」と惚けたりとか、バンプさんがいい曲たくさん作ってくれたり地上波進出しててわたしはどうすればいいんだあばばばってなったりとか、部屋片付けたりとか、部屋片付けたりとか、実家片付けたりとか引っ越したりとか部屋片付けたりとか、とにかくひたすら片付けたりとか。
振り返れば、すごく片付けてた1年でしたが。
そういうの色々、あるはずなのです。
ひとつひとつが小さいのは全然いいのです。革命を起こしたいわけではないし、私にとってはかけがえのないことなのでぜんぜんいいのです。

そこまで分かっていながら「なにもない」と感じてしまうのは、たぶん、ずっと創作して生きてきたくせに、近ごろ創作が充実していないからなんだと思います。
わたしは、文章を書くのが好きなのですが、最近どうにも書けない。
同人誌を出したりしましたし、それは一切の曇りなく「ちょーたのしかった!!!!」と叫べるくらいには100%やりきったんですけど。その楽しさとは別腹のようです。なぜなら二次創作だから。
オリジナルでなにか書きたい。連載ではなく、完結する話を書きたい。
そう思い続けてけっこうな年月が経ちましたが、びっくりするほど、書けないのです。
本当にびっくりしてます。
うーーーーん。
己との戦いです。今年は倒せませんでした。だが倒さねばなりません。
ファイッ。

こんなふうに袋小路にいるさなかに、定期的に訪れる咳喘息の野郎が体調に追い打ちをかけ、「くっそ…!」となってる大晦日であります。ということで、思う存分おうちにこもってます。
年末年始は貴重な連休なので、家でも個人的にやりたいことがあって、ワクワク計画など立てていたのですが。
体調もあって、結局なにもやる気がしなくて。
ベッドでだらーっと寝っ転がりながらアプリ版「ラッキードッグ」を全ルートやりなおして読める限りのSSを読む、「堀さんと宮村くん」を本編もおまけもほぼ全話読み直す、という、時間を持て余している時しか絶対にできないことをやってました。
すげーーーーー楽しかったです。
どっちも大好きな作品です。

ラキドはBLにもえない私が普通に楽しめるとても珍しいBLゲームなのですが、「なぜだ」と腐女子の友人に問われても「わからん」としか言えなかったという…
なんか、まったく違和感なく普通にときめく。なんでだろう。
個人的には「萌え」という以上の「燃え」が存在するからかもしれないです。いや、萌えるけどね? ジュリオルート好きすぎるけどね? 関係にときめくのはあくまで前提で、それがなくても面白くなりそうなほど、キャラや雰囲気がいい、というか。
そもそもが、舞台は禁酒法時代のアメリカ、イタリア系マフィアの構成員が突然ボスになるチャンスを与えられ、ギャング相手にドンパチしながら成り上がる話——という世界観やシナリオのベースは万人向けな気がするし。そこに女子が大好きな一対一の関係性を4種類もドンとぶちこまれたらそんなの楽しい。
あとは個人的にライターさんが合うというか、好きすぎるというか、バッチリだったというか。セリフとかいちいちめっちゃかっこいいからな! 盛り上げ方がとても気持ちのいい王道をいってる気がします。
あと主人公が好きすぎるから全部が楽しくなっちゃいます。ジャンさんちょっとかっこよすぎる。
ビジュアルノベルは、アニバーサリーとかまったく見たことなかったのでアプリ版で初めて読んだのですが、いや、なんか…。
細かいところがいちいち罪深くてハマってしまいました。
どんどん話や人物がつながっていくから、こんなの全部読んじゃうだろー! というか量多いな!? こんだけ情報増やしてさらに続編も出そうとしてるとか狂気だな!?
続編は公式で発売延期を謝罪されてましたが、ずっと待ってますよー。
ベルナルドの腕時計とか…こう。描写の細かいところで「ん???」となるのがカチッてはまるのずるいと思います。沼やで…
続編がGDサイドに寄ってるなら、ジャンさんの出生もシナリオに絡むのかしらー。どこを掘っても面白そうだなー。

「堀宮」は久しぶりに読み返したら、今さら柳くんが愛おしくてたまらなくなりました。
わたし、口数が少ない美形に飢えてるのかな??
彼のご両親の話がツボすぎたというのも、株急上昇に貢献している気がしないでもない。
柳くんの素晴らしいところは、あのキャラで吉川のことが好きというところ。知り合ってない段階で、勇気出して呼び出して告ってフラれてるんだよ!? かわいいな!!?
なんとなく、構図が桜と似ているなーと思ってしまいました。ちょっと手に届かない場所にいる石川くんが好きというところ。気質も近いみたいだし、柳と桜のコンビもかわいいです。
柳と仙石夫妻もかわいい。柳と宮村もかわいい。柳と石川もかわいい。柳と井浦も(以下全員
しかしやっぱり、堀さんと宮村くんが自分の中では圧倒的にかわいい。
この漫画が自分にとって特別なのは、宮村くんに対する圧倒的な感情移入があるからです。
すごく、分かる。いろいろ…。


  +++


もはや何が書きたかったのか…。
年の瀬に書く記事はだいたいそんな感じですね。

今年、当ブログを訪れてくださった方、ありがとうございます。
ほとんど動いていない現状で、拍手などくださった方々。ありがとうございます。
来年もまったりやっていきたいです。書くぞ。負けないぞ。
comment (0) edit
あけましておめでとうございます!!! | オーフェン本 完売しました!

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。