スポンサーサイト

--/--/-- - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) edit

版権キャラクターについて友人に語って思ったこと

2012/07/10 - かんそうぶん
ケースバイケースですが、たぶん私は「脇役やモブを大切にする奴」に好感を抱くんですよねー。
その「大切」は必ずしも優しくしなくてもよくて、ちゃんとひとりの人間として扱っているという意味で。
集合体として、十把一絡げにされてしまうと、なんだか気持ちが冷めてしまうのです。

しかし、たとえばフリーザ様とかが、星の生物みんなを「ザコ」と称して、本当に虫ケラを潰すようにひとまとめにドカーンとやってしまっても、それは熱い展開だと思うので説明する上での線引きが難しいのですが。「ザコ」として立たせて、ちゃんと退場させるぶんには気にならないのだろうと思います。
顔の見えない群衆として、賑やかしにされてしまうとギュイーンと冷めます。
最近衝撃的だったのは、うたプリRepeatの来栖翔ルートの大恋愛エンドかな。飛行機事故のイベント。
見えない乗客がひとまとめにダシにされた瞬間、今までのプレイ時間なんだったんだよと、全てのイベントがしょんぼりするほどに、なんだか悲しくなった思い出です。
ストーリー的な部分については、そのへんの見せ方は書き手の技量にもかかっているのだろうなあと思います。

物語においてメインの登場人物が中心になるのは当たり前なのですが、その枠組みの中でも他人の存在を自然に感じられるものが好きです。登場人物ならその「他人の存在」をそれぞれ尊重できる奴が好きです。
ひとりひとりと向き合う前にレッテルを貼られてしまうと、ムムム…となることが多いのでした。

有名な作品を例に上げるなら、『鋼の錬金術師』なんかはすごく意識的に街の人や軍人その1を丁寧に描いていたのだろうなーと思います。
主人公たちがすごくたくさん、一回ぽっきりしか出てこない普通の人たちに、自然に挨拶やお礼の言葉を口にするのがよかった。
それの逆をいくと、自分の中では好感度が下がることが多いです。
わざとやっているものだとしても、私の価値観と合わなければどうしても好感度は下がってしまう。

なに言ってるのか分からなくなってきた…。
いろいろ割り切れないですが、だからこそ物語は楽しいのかなーという気がします。
comment (2) edit
ピンドラの同人アンソロかきました | しょうせつー

comment

: ふでごけ
こんにちは。

ここのファンです。
作品の世界観を全て愛している感じが伝わってきて、猛烈に幸せな気分になります。

昔は、作品にはまり込み、何度もその世界を追体験するような子だったのですが・・・
最近どうも、物語を受け入れて浸ることを怖がっている感じです。
そんな中、ここで知らない作品に浸る疑似体験ができると、生き生きした気持ちになります。

素敵な作品に触れるために生まれてきたといった旨の文章があって、熱い気持ちになりました。これからも、大好きだ~!っていう気持ちを語ってください。

気になるのですが、好きだという気持ちを語るのが一番難しくないですか?

私は、語ることがないと、ついつい上手いことまとめようとした挙句、壮大な苦情的なことを述べてしまいます。おさまりがつかない気がして・・・
2013/04/07 Sun 15:23:11 URL
: サヤカ
コメントありがとうございます! 管理人のサヤカです。
すごく好き勝手な独り言で恐縮ですが、楽しんでいただけているみたいでとても嬉しいです。

私の場合は「『好きという気持ち』を語ろう!」という意識そのものがあまりないかもしれないです。
「好きじゃないわー」と思ったらわりとキッパリ「ひどい」と書いているつもりだったりします。
でも結果として、ログとして残ってるものがほとんど全部「好きだー好きだー」に溢れているので、一度好きになったものについては盲目的な気質なのかもしれませんね。好き好きキャッキャ言ってるのが楽しいのです。
ブログの文章はほとんど推敲もしないでばーっと書いてしまうので、その時の感情がそのまま出ているのかな、と振り返って思いました。
「上手いことを言おう」という意識はない方かもしれないですねー。

物語を受け入れて浸ることって、結局諸刃の剣というか、本気であれば本気であるほど弊害もあるので。
的外れなのかもしれないですけど、お気持ちは分かる気がします。
私の場合、今は多少なにかあっても笑い話にできるコンディションなのかなーという気もします。
時期が悪いと愚痴っぽくなったり、怖くなったりすることもあります。作者や制作会社に置いている信頼度にも左右されるんですけれど。
そういう時はあんまり文章を書かないから、波があるタイプなのかもしれません。

何にせよ、おおよそだいたい好き好きキャッキャしてると思いますので(笑)、また気が向かれた時にでも読んでいただけるととても嬉しいです。
2013/04/14 Sun 23:22:22 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。