スポンサーサイト

--/--/-- - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) edit

普通のブログっぽいことをしてみる

2012/10/23 - Diary
oz1.jpg

尾瀬に行ってきました。

普段はどちらかと言わずともインドアで、いかに最低限の歩行距離で生きるかを常に計算している典型的な引きこもりなのですが、もっと言えばそんな日常での動きの少なさを健康状態から憂いはじめ「嫌だーめんどくさいー」と呻きながらウォーキングらしき行為を無理やり始めては三日で飽きるという生物として自然な姿からどんどん逆行して自ら論理を複雑にしている典型的な万年口だけダイエット現代人なのですが。
家族が全員体育会系という奇跡なので(拾われっ子なのかもしれない)、「趣味山登り」で、晴れてりゃ毎週どっか山いってる、長期休暇をとれば外国の山に登りにいく、定年退職後には山小屋の親父になると豪語している、そんな父親が珍しく高原に行くことにしたこのタイミングで、母親といっしょに興味本位でついていってみました。
尾瀬とか国語の教科書に乗ってるくらい有名な自然遺産だし、都会の喧騒から離れておいしい空気を吸ってリフレッシュなんてのも今の季節スバラシイじゃない! ということでー。
しかし確かにスバラシかったですが、この「THE尾瀬」という感じの細い道はかなりかなりえんえんとどこまでも果てしなく続くので、その広大さに解放感を覚える反面「歩いても歩いても終わんねえええ引き返すことすらもはやできねええええ」と体が悲鳴をあげるはめになり高原なめてましたマジで。ろくに事前調査しなくて本当に反省しました。坂道はいっぱいあったし長くてきつかったー!
次の日は友人に付き合って同人イベントの売り子に行くといういろんな意味で温度差のある週末だったのですが、本をセッセと売りさばきながら尻の筋肉が痛くて死にそーになっておりました。なぜ、尻。

でもまあ、日頃の運動不足が祟ったことを置いておけば、とても楽しかったです!
360度パノラマ尾瀬でした。どこを見てもこんな感じ。
やっぱり空気がおいしいですねー。ひんやりと澄んだ空気とか沢の音とかすばらしいです。
周りを見ると年配の方が多かったのですが、若者も想像していたよりいらっしゃいました。
山ガールって本当に増えたのなー。
ショートパンツにレギンスで動きやすそうかつ可愛らしい格好の若い女性が、健康的な笑顔で「こんにちはー」とか言ってくれて実にウフフとなりました。
尾瀬は寒いと聞いていたのでけっこう防寒していったのですが、天気がめちゃくちゃ良かったので歩いてるうちに暑くてたまらなくなってしまいました。しょうがないから服脱いで荷物として背負って、重量が増した荷物の持続的な攻撃によりひどい肩こりが炸裂してウオオ…と呻くというパーフェクトさです。絵に描いたような初心者だぜ!
山登りとかする人、よくあんな重いリュックで肩平気だなー。
ちなみにうちの家族は誰ひとり筋肉痛になどならなかったそうなので、私がおかしいのかもしれない。体育会系の基準では。

さんざん歩いたあとに自然に囲まれながら食べるカップラーメンの美味しさを知れたのが、一番良かったです。
comment (0) edit
HTML悪夢 | やはりブログを見てる人がどれだけいるか不明なのですが

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。