オーフェンの新刊が出るたびに若干アクセス数が増える

2013/10/27 - ものづくり
いつになっても緊張しますが、世間がそれだけ動いているということだろうからいいんだ…。いいんだ。
女神未来の初見感想は一個前の記事になります。

以下、自サイトで書いてる小説のこと。版権の話題いっさいありません。

まさかの3話いっぺんに更新という血迷いぶりを発揮しました。
しかも、なんというか、わりと文字数多めな部分を一気に放出してしまい、逆に読んでくれている方に優しくない気がする無計画仕様。うわーい。それもこれも、あさってからちょいと日本を離れる予定であるということに今日ようやく気づいたからです。あ、ヤベエAct2更新できねえじゃん!! って。
いやもちろんカレンダーには書き込んでたし準備もしてたんですが、サイトの更新と連動させて考えていなかったというか…。わたしの中で小説を書くことと書いたものをどっかに出すという行為が他の感覚と浮きすぎている…。
あと女神未来とマジク先生のことで私の頭の中がお花畑になりすぎた。いろいろがおざなりになった。

まあなにはともあれそんなわけです。こんな変な時期に旅行です。いやっほーい。
なにも行く前にムリヤリ更新せずとも、一週間ばかり間をあけて帰ってきてからふつーにチマチマ再開、でも全然よかったんでしょうけど。
なんとなく私の中ではブツ切りにしておくのが恥ずかしい位置だったので、いっそもう一気に上げてしまおうと上げてしまった。もういいや! よくわからん!
定期的な更新をウリにしたかったはずなのにおかしいなあ。他人事のように。
ということで一気に上げてしまい、ストックがほぼなくなりました。しばらく水面下で頑張るので更新はお休みになりそうです。

製作については何を言っても愚痴になってしまう…。
今回のお話は事前に思っていたよりいろんな意味で難しくて、なかなか苦しんでおります。いつも苦しんでんだけど、ちょっと質の違う苦しみであります。うおーうおー。
ハル・リバーおまえすげえな…とよくわからんことを思いました。
comment (0) edit
通勤で本を忘れて | 女神未来(上)

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する